吉田稔声楽レッスン予定

皆様の世界にただひとつだけのお声が、一番美しく、楽に、輝くように今後とも研究を重ね、的確なアドバイスが出来るよう精進して参りたいと思います。

現在、新規の生徒様を大募集しております。発声を、「呼吸·声帯·共鳴」の三本柱でとらえ、丁寧かつわかりやすく、超初心者の方からプロの方まで、またどんな年代の方でも、どんなジャンルでも喜んでレッスンさせて頂きます。そして、今年は各地で「呼吸と声のワークショップ」も計画しております。

お仲間たちをお誘い合わせの上、お声がけ頂れば幸いです。

レッスン予定

コロナの影響により、4月~5月の

ワークショップならびに対面レッスン、

音楽教室、合唱団レッスンをお休みさせていただいております。

6月より再開予定です。

ご迷惑をおかけいたしますが、

何卒ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

​詳細は、メールにてお問合せくださいませ。

 

☆呼吸

◯呼吸にはじまり、呼吸に終わる理由。

◯鼻呼吸?それとも口呼吸?どっちがいいの?

◯呼吸と脳ってこんなに関係しているんですよ!

◯あなたは、自分の呼吸を知っていますか?

◯生まれてから死ぬまでずっとしているものの一つが呼吸。

◯あなたは1分間に何回くらい呼吸してますか?その回数に1440をかけてみたら、一日の呼吸回数です。

◯一日ご飯を食べなくても死にません。でも呼吸は?◯呼吸が楽になり、声が激的に変化する体操、ストレッチをお教えします。

◯呼吸って、生きることそのものであり、哲学であり、祈りです。

◯呼吸が変われば、音楽はもとより、表情、生活、

生き方が変わります。

◯普段、無意識でやっている呼吸を意識化してみましょう。

◯呼吸を考えることは、終わりがありません。新しい発見の連続だと思います。

◯日常においての呼吸の目的は、何?それはもちろん·······。そして、表現するための呼吸の目的は?

◯からだに点在する呼吸筋(吸気筋、呼気筋)ってどういうところ?

◯「吸いながら吐く、吐きながら吸う。」ってどういうこと?

◯吸気筋と呼気筋の絶妙なせめぎあいから生み出されるものって?

◯まずは吸気筋の王様、横隔膜を意識した呼吸法を学ぶことから······。

◯呼気と吸気のバランスを考えましょう。

◯ストローを吸うように空気を体内に取り込んでみましょう。

◯タンポポの綿毛を飛ばすように、熱いスープを冷ますように、息を吐いてみましょう。

◯呼気筋と吸気筋が完全拮抗したとき、何が起こるでしょうか?

◯横隔膜のこと知っていますか?どんな筋肉?

◯腑に落ちる、腹を決める等、呼吸筋にまつわることわざからも呼吸の大切さがわかりますね。

◯呼吸と肋骨の関係を知りましょう。横隔膜が下がると肋骨は広がるの?狭くなるの?

◯吸気筋は、上半身に多い?下半身?呼気筋は?

◯吸うときに使うのは、外側の肋間筋?内側の肋間筋?吐くときは?

◯呼吸筋をほぐして、気持ちよくなりましょう。

そして、楽な呼吸を手に入れましょう。

◯腹式呼吸って何?そして、胸式呼吸って歌のためには駄目なの?

◯アッポッジョ、ソステーニョって何?

◯息の量とスピード(圧力)の関係は、比例する?それとも反比例?

◯たくさん肺に空気が入るから横隔膜が下がるの?横隔膜が下がるから肋骨が広がり、空気が入るの?

◯見えない息を視覚化してみましょう。そして息の温度、形、方向性等を考えてみましょう。

息って不思議········。

◯すべては息を吸った時に始まっています·········。

◯焦らず、落ち着いて、ゆっくりと吸ってみませんか?

◯息がたくさん吸えません。そして息が続きません。どうすればいいの?

それって肺活量の問題?

◯呼気って、息をたくさん吐くのがいいの?それとも

息を出し惜しみしながら歌うのがいいの?

◯呼吸は、水の流れのようなもの。常に循環していきましょう。

◯音とは、空気の振動です。だから息が大切なんです。

◯吸うとき、吐くとき、お腹は膨らむの?へこむの?

どちらが正解なの?

◯呼吸法は、先生通りの方法があると言っても過言ではありません。自分にとって、その演奏するジャンルの音楽にとって最適なものを模索しましょう。

◯自分の呼吸を感じ、そして他人の呼吸を感じること。これがアンサンブルの原点です。

◯息の上に声を乗っけるってどういうこと?

◯五感で呼吸をしてみましょう。呼吸って、素晴らしい!

◯心とからだのバランスを整えるには、まずは呼吸を見直してみましょう。

 

 

☆声帯

〇声が出る源「声帯」ってどこにある?そしてどんなもの?形は?長さは?

◯声帯って筋肉なの?

粘膜?靭帯?骨?

◯地声の出るしくみは?

そして裏声(ファルセット、ミックスヴォイス)は?

◯高い声の出るしくみは?

◯何が声帯を引き伸ばしてくれるの?

◯音の高低(周波数)と声帯の関係は?

◯喉頭周辺の様々な筋肉の使い方を具体的に理解しましょう。

◯音程によっての声帯の伸展方法を学び、輝かしい声を手にいれましょう。

◯喉頭筋の拮抗、声門閉鎖と開大等のバランス等を学び、柔軟性を手に入れましょう。

◯輪状甲状筋の訓練により、美しい声を手にいれましょう。(甲状披裂筋〔声帯筋〕にばかり頼った歌い方は、加齢と共に衰えてしまいます。テクニックを共に考えましょう。)

◯甲状披裂筋〔声帯筋〕と輪状甲状筋のバランスを考えましょう。

◯声門下圧と呼気量についての理想的なバランスを考えましょう。

◯必要な場合は、声楽にとって必要な基本的な喉頭周辺のしくみについて図を用いながら丁寧に解説させて頂きます。

◯蝉、羊、梟、狼、犬、猫、烏、鴎、豚等々の鳴き声を真似ることで、輪状甲状筋等の内喉頭筋や、発声のために必要な外喉頭筋を鍛えて、柔軟性あふれる声をゲットしましょう。

◯理想的な呼吸により、空気を圧縮すれば、こんなにも声帯が楽になるんですよ。

◯声帯って見たことありますか?

◯声帯をいたわりましよう。

◯仮声帯をうまく使えば、声帯の負担も減ります。

◯内喉頭筋のみならず、外喉頭筋(引き上げ筋、引き下げ筋)を効果的にトレーニングすることで、より良い声を手に入れることができます。

 

☆共鳴

◯喉を開く!ということの本当の意味を理解しましょう。

◯ところで、「喉」ってどこですか?説明できますか?

◯体にある様々な共鳴腔について理解し、よりよい響きになるエクスサイズを実践しましょう。

◯倍音がよく含まれた響きわたる声の作り方と、言葉(子音、母音)との関係性を喉頭や咽頭、声道構造の面から学びましょう。

◯体の様々な筋肉やら骨について理解しましょう。

◯超簡単!誰にでも出来る!蝶形骨や頭蓋骨に声を響かせるコツは?

◯響きとは何か知りましょう。

◯何故、耳鼻咽喉科の診断の時には、「イーやエー」って言わされるのでしょうか?

◯舌のポジションってとても大切なんです。通常は、どこに舌がありますか?

各子音や母音を言うときの舌の位置は?

◯舌根ってどこですか?

◯舌がこんなにも発声の邪魔をしているんですよ。

さあ、それならどうする?

◯日本語の影響もありますが、顎や頤、舌などの構音器官を固めていませんか?

力の抜くコツは?

◯口を開けすぎていませんか?それ、喉は閉まっていないですか?

◯他言語は、舌や唇を日本語以上に使わなければ、言葉にならないため、のど(咽頭空間)が開いている人が多いです。私たち日本人は、

その逆。エクササイズを通じて、喉を開けましょう。

◯喉(咽頭空間)が閉まった状態で、いくら呼気圧をあげても良い声にはなりません。

◯舌や顎を柔軟にするためのたくさんのエクササイズをお教えします。

◯何故、日本人はドナルドダックの口で歌うのが効果的なのでしょうか?

◯喉(咽頭空間)が最も開く母音は、何ですか?

ア、オ?それともイ、エ?

それともウ?

◯それぞれの母音には、性格や、周波数があります。

響きを変えずにレガートで歌うためには、様々なことを理解しなければいけません。

◯だからハミングが大切なんです!

◯声帯から唇までの空間を声道と呼びますが、この声道の形は、舌の奥行や高さ、そして唇の形によって変化します。言わば、楽器が変わるのです。

◯その声って傍なりじゃないですか?

本当の自分の声(人が聞いている声)って、いつも自分が聞いている声と同じではありません。骨導音と気導音について理解しましょう。

◯歌うことってそんなに大変なこと?辛いことですか?自分に負荷をがかからないと歌った気になれませんか?

◯自分の持っている声は、

世界にたった一つだけの素晴らしい楽器です。その楽器をいかに輝かせるか、様々な方向からアプローチします。

◯無意識にやっていることを意識化しましょう。客観的な練習あるのみです!

 

 

 

 

 

 

 

© 2023 by Classical Musician.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。